福祉と医療は同時に考えるべきものです

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

福祉 医療み

ビル

福祉と医療は同時に考えるべきものです

福祉とは生活をしていく上で様々に弱い部分があるところがある人々を支えるものです。
生きていく上でどうしても自力でその生活を維持していくことが難しい人がいるものですが、身体の弱さ、あるいは身体に何らかの疾病を抱えていることがその原因となる人は少なくありません。
疾病の治療に関わっていくのは医療の役割です。
ただ疾病や怪我が完治し何の問題もなく生活をしていける人ばかりではありません。
継続的に医療の領域で治療を行っていく人は、その一方で自身の生活も成り立たせていかなくてはならないのです。
そうした際に支えとなるのが福祉です。
医療と福祉が一人の人に、同時にその専門領域での専門性を発揮しながら全人的に関わっていくことで初めて人は自己の生き方に安心し、自信をもって向き合うことができるのです。